正しい治療で再発を防ぐ|水虫の治療薬は専門病院で

医者

患者の増加

女性

痔の症状に悩まされている人は多く、皮膚科専門病院を受診する人は年々増えているというデータもあります。気付くキッカケとしては、トイレで用を済ませた際に便器に付着した血などが挙げられるでしょう。

もっと詳しく

正しく治す

靴

爪水虫の原因と特徴について

爪が白や褐色になってきて盛り上がりが見られるようであれば、爪水虫の疑いがあります。爪には神経が通ってないので爪水虫になっても痛くなったり痒くなったりすることがありません。そのために、気が付くのが遅くなる傾向があります。爪水虫とは、水虫をそのままにしていたために爪の中に白癬菌が侵入してしまい起こる病気です。この病気になる人は、足も水虫になっている人がほとんどなのです。自覚症状はありませんが、ひどくなると靴を履くときに痛みを覚えることもあります。爪水虫の治療といっしょに足の水虫も治療することで再発を防いだほうがいいのです。手の爪も白癬菌で水虫になる場合があります。ひどくなる前に皮膚科にかかり治療して治すことが大切です。

治療法と再発を防ぐために気をつけることとは何か

爪水虫を治すには、皮膚科に行き検査してもらう必要があります。見た目の診断だけではなく顕微鏡で白癬菌を確認します。治療法は、内服薬と外用薬での治療となります。内服薬での治療は、爪の内部に留まり白癬菌を死滅させることができす。ただし、薬の副作用で肝臓に負担をかけることがあるので血液検査を併用して行う必要があるのです。爪水虫の外用薬が開発され、この薬は爪の内部まで浸透することができることから副作用の強い内服薬よりも外用薬を用いることが多くなったのです。爪水虫を慢性化させてしまうと完治することはとても難しくなってしまいます。薬をつけているうちに爪の状態が良くなってくるので、自分で治ったと勘違いをしてしまい薬をやめてしまう人が多いのです。そのために、弱っていた白癬菌がまた元気になり爪の状態を悪くしてしまうので完治するためには、根気よく治療を続けなければいけないのです。

自覚が無い病気

女性

水虫は足に発症してしまう病気になります。水虫の症状として痒みや痛みを感じてしまいます。また、水虫以外にも爪水虫といった足の爪の病気になります。痛みや痒みが無いので気付くのに時間が掛かってしまいます。

もっと詳しく

病気を確認

男性

脱腸や痔などが理由となり、肛門科を受診する男女は少なくありませんが皮膚科でも治療出来ます。また、受診をキッカケに重病が見つかるかもしれません。命の関わるかもしれないので、何らかの症状が出ているなら迷わず病院へ行きましょう。

もっと詳しく