正しい治療で再発を防ぐ|水虫の治療薬は専門病院で

医者

自覚が無い病気

女性

長時間同じ靴を履いていると、蒸れてしまい臭いが発生してしまいます。また、足が蒸れてしまうことで、臭いだけでなくカビが繁殖してしまいます。自宅に帰って清潔にしていなければ、水虫を引き起こしてしまいます。水虫を引き起こしてしまうことで、一緒に住んでいる方に移してしまいます。この水虫の病気は足に発症してしまう病気で、強い痒みや痛みの症状があります。足の皮膚にできる水虫の病気以外にも、爪水虫といった病気があります。爪に水虫のカビが繁殖してしまう病気になります。ですが、足の皮膚にできる水虫とは異なり、痒みや痛みの症状がありません。なので、爪水虫を引き起こしてしまったとしても、自覚症状が無いのです。自覚症状が無いことで、症状はどんどん進んでしまいます。

爪水虫になることで、爪の先や横から白くなってしまいます。カビ菌が爪の中に入ると、厚くなってしまい爪の先端がボロボロになってしまいます。さらに、この状態が続いてしまうと、爪が変形してしまい痛みを感じてしまうことがあるのです。爪に痛みがあることで、歩くことが困難になってしまいます。また、爪の先端がボロボロになることで、そこから他の菌が侵入してしまうこともあるのです。爪水虫はとても怖い足の病気の一つなので、皮膚科で治療をしましょう。爪水虫を治療してくれる皮膚科では、レーザー治療で治すことができます。レーザー治療は痛みを感じることが無いので、痛みが苦手な方でも安心して受けられますよね。爪水虫を改善してくれるレーザー治療は、短期間で治すことができません。なので、定期的に通い長い時間治療する必要があります。根気よく治療を受けることで、爪水虫を治すことができるでしょう。